【最新記事】
2014年01月26日

新型Nexus7専用ワイヤレスQi充電器(Google製/ASUS製)徹底比較!!

新型Nexus7(2013)専用ワイヤレスQi充電器(Google製/ASUS製)を徹底比較

1月15日、日本での発売が待たれていたGoogleのNexus 専用ワイヤレス充電器がついに発売になりました。また、昨年12月にはASUSからもワイヤレス充電スタンドが発売されました。夢の無接点充電時代(?)の幕開けを告げる2商品の発売。あわせて見ていきたいと思います。

まずはスペックから。

【Google Nexus 専用ワイヤレス充電器】

販売価格:5,480円
サイズ:幅60mm x 奥行き60mm x 高さ12.5 mm
重 量:105 g
インターフェース:Micro USBポート
AC アダプター:9W 1.8A
付属品:MicroUSBケーブル、クイックスタートガイド、保証書


【ASUS Nexus7(2013) ワイヤレス充電スタンド PW100】

販売価格:5,480円
サイズ:幅75mm × 奥行き65mm × 高さ84 mm
重 量:約115g
インターフェース:micro USBポート ×1
付属品:USB ACアダプターセット、クイックスタートガイド
ワイヤレス給電 (Qi): WPC 1.1Qi規格準拠
消費電力:最大約10W 送電電力:最大約5W


両方とも、特筆すべきコンパクトさです。

たとえばパナソニックのQi充電パッドは、幅146mm×奥行き170mm。
たとえていうならばマウスパッドくらいの面積。

GoogleのNexus 専用ワイヤレス充電器は、幅60mm×奥行き60mm。
小ぶりなマウスよりもふた回り以上小さい。

机の上の限られたスペースに設置する際に大きなアドバンテージとなりそうです。

Google-Nexus-wireless-charger.jpg

それでは、まずはGoogleのNexus 専用ワイヤレス充電器から見ていきたいと思います。
充電器の上部は鏡面仕上げ。充電器の存在をアピールする配慮がなされています。
NEXUSのロゴもスタイリッシュです。

Google-Nexus-wireless-charger-side.jpg

側面はつや消しの梨地の樹脂。

目立たせたい部分を光沢に、目立たせない部分をつや消しに。

理にかなったGoogleらしいミニマムデザインです。
カーナビのGPSアンテナにも似ていますね。

Google-Nexus-wireless-charger-soal.jpg

スタンド自体は小さくて軽いものですが、底面の粘着シートが充電器を机の上にぴったり固定します。
Nexus専用とはうたっていますが、平面の上に端末を置くスタイルなので、Qi対応の端末であれば何でも充電できます。

いまのところ、Google Playでしか販売されていないようです。




ASUS-PW100-Wireless-Charging-Stand-3.jpg

いっぽうのASUSの充電スタンドは、携帯ショップの展示用什器を思わせるデザインですが、シンプルで悪くはありません。

底部は金属に見えますが、実は透明なプラスチック素材となっています。
充電時にはLEDインジケータの光が透過する構造となっています。
まあ、このギミックは好き嫌いでしょうか。

角度がついているので、動画視聴やプレゼンテーション時のスタンドとして使用することができます。
これはGoogleの充電器にはないメリットですね。

ASUS-PW100-Wireless-Charging-Stand-4.jpg

ただ、弱点としては、横置きでないと充電できないことがまず挙げられます(縦置きすると充電コイルの位置が合わないため)。
また、この設計のため、他の端末を置いても位置が合わず充電できないことが多いそうです。ちょっと汎用性に欠けますね。
(※WPC 1.1Qi規格に準拠しているため、規格上は充電できる)

[ASUS Nexus7 ( 2013 ) 対応 PW100 ワイヤレス 充電スタンド 90XB018P-BPW050 をAmazonで購入する]


個人的には、Googleのワイヤレス充電器に軍配を上げますが、今後ASUSのほうが値下がりして買いやすくなる気がします。

また、例によってASUS SHOP アウトレットで売られたら狙い目になるでしょう。



また、上記2商品以外にも、国内メーカーの充電器という選択肢もあります。

【プリンストンテクノロジーのQi対応ワイヤレス充電器PBC-QTXシリーズ】


プリンストンテクノロジー USB充電ポート搭載Qi対応ワイヤレス充電器(シングルタイプ) PBC-QTX1


AppleTVみたいなモノリスデザインで、マカーの方にもお勧めできるデザイン。


【パナソニックの無接点充電パッド QE-TM101】

送電コイルが移動するムービングコイル方式を採用しているので、
適当に置いても充電してくれます。

さらに、パッドに2つの商品を置いても自動で順番に充電してくれます。
こういった至れり尽くせりな機能はさすがニッポンの家電メーカー品という感じですね。
ただし、デザインはIHクッキングヒーターにしか見えないところもジャパン・クオリティ!


Panasonic 無接点充電パッド ChargePadチャージパッド ホワイト QE-TM101-W



【日立マクセル Qi対応ワイヤレス充電器「エアボルテージ」】

また、カセットテープ世代には懐かしい日立マクセルなども、
記録メディア以外では最近あまりお目にかかることがありませんでしたが
「エアボルテージ」というブランド名でQi充電器を出してきています。


maxell 「Qi」規格ワイヤレス充電器ステーション デュアルタイプ WP-PD10.BK


以上のように、密かに盛り上がりを見せているQi充電器。
(Apple端末には永遠に搭載されなさそうですが)

スタイリッシュな充電器を手に入れて、
貴方のNexus7ライフをよりスマートで快適にバージョンアップしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】
軽量・コンパクトなGoogleの新型ワイヤレス充電器「Nexus 専用ワイヤレス充電器」を使ってみました - GIGAZINE

Nexus7(2013)用ASUS純正ワイヤレス充電スタンドPW100 購入レビュー。 - AndroidLover.Net

Nexus7(2013)純正Qiスタンドをほかの機器でも使えるか試してみた - 週刊アスキー



☞ 他のタブレット最新ブログを見る(にほんブログ村 タブレット型端末ランキング)

☞ 他のAndroid最新記事を見る(Androidブログランキング)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by Shigeno at 13:29 | Comment(0) | Google Play | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

【おすすめ記事】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。